離乳食はそんなに悩まなくて良いこと

初めての育児をされるお母さんは色んな不安や心配を抱えていることでしょう。
まだ胃がまっすぐということもあり、ミルクをすぐに吐いたり、お風呂上りも体が温まっていると吐くこともあります。
また退院して自宅生活が始まるわけですが赤ちゃんは環境の変化に敏感ですから便秘になることもあります。
もちろん、これらは自分も育児をしてきたから、よくありがちなことが書けるわけです。
一人目の育児の時は離乳食も10分粥を真面目に作っていました。
野菜をペーストにしたり、赤ちゃんがお粥しか食べない時には、どうやって野菜やお肉を食べさせようと友達に相談したことがありました。
先輩ママは、そのうち食べるようになるよなんてアドバイスをくれましたが、そのうちじゃなくて今なんだよと不安でした。
でも、そんなに真面目すぎて考え込まなくても柔らかければ食べることができます。
ただし、はちみつや蕎麦、たまごに関してはアレルギーがあることもあるので3歳くらいから少しずつ食べさせた方が良いでしょう。