胃袋を満足させるための調理だけど健康にも

食は生物が生きていけるための栄養分を補給するための活動の1つです。
人間が生きていくには栄養分補給の一環として水を飲むだけでなく、そこいらにある植物や動物を摂取して生きてきました。
しかし生のまま食べられるものが少ないため、食べることを可能にするために焼いたり煮たりして火を通すことで対処してきました。
その火を通して調理する過程で、最初は単純に火を通しただけの調理でしたが、これだけではあまり美味しくないので、美味しくするために塩や砂糖やソースなどの調味料で味付けをしてみたりするようになりました。
さらに美味しくするためには味付けだけではなくて見た目にも工夫をこらすようになりました。
それの積み重ねが現代の世界の様々な料理の形として反映されています。
しかし現代の飽食のレベルの高い食事は同時に現代人の健康をある意味害するようになってきてます。
その理由の1つは現代人自体の食事の量が多すぎることにあります。
食事の量が全体的に多くなったため体格も体力も向上しましたが、同時に味付けのための調味料も増えたために、それで脳卒中や糖尿病などして健康を害するようになってます。
そのため近年は世界規模で塩分や糖分を控えめに味付けする工夫や政策が盛んとなってきてます。